ぜんぶ盛り

推しへの愛が素直。

YouTubeで劇団柿喰う客の「美少年」をみたらドツボにハマった話

名前だけは聞いたことある劇団、柿喰う客がYouTubeで新たに作品を配信しますっていうのをTwitterでフォローしている人が勧めていたのが3月上旬、で、3連休の間に観てみるかーって観たらば、えげつなくドツボにクリティカルヒットして毎日2回は観ている。好きすぎてパンフを通販した。

劇団の公式チャンネルで他に配信されている作品も見ましたけれど、美少年がダントツでツボに入ってしまった。なんでかな。とりあえずチャンネル登録しました。

 

www.youtube.com

(2020.4.12までの期間限定公開です)

 

小劇場未体験の私が思う、小劇場だなぁ~!!!って感じ。狂気で卑猥で容赦ない。

小道具も舞台装置も無し、赤いジャケットに黒シャツ黒ボトムというそろいの衣装の4人の男。

開演前の諸注意からそのままシームレスに芝居が始まる。

ずっとものすごいスピードの台詞を怒涛の波状攻撃されている。

台詞早すぎて0.75倍速で見ても違和感が無い←

BGMはモニャモニャするけど、台詞は違和感ない。すっごい。通常速度でも聞き取れるから役者さんの滑舌どうなってんだ。

あとめちゃくちゃ動くからみなさん汗だくになっていくし髪の毛がびしゃびしゃになってくる。

だいたい60分なんですけど、情報量が3時間分くらいある…。なんだこれ…。

舞台上には俳優4人しかいないのに、老若男女問わずいろんな人物が立ち昇って来る。

 

ストーリーはここでは詳しく書きませんので各々検索していただいて…。

公式のあらすじに書いてある「かつて美少年だった男」って、あまりにも残酷な言葉だなって思いました。「今は何者でもない男」だもんな………。よく思いついたな……。

自分の美しさに自覚的な架空の人物が好きなので、ひばりちゃんどえらい好きになってしまった。好きというか、いとおしみ?萌え???もののあはれ???

美少年への執着とか美しさが自分の所有物でなくなってしまったのを小学3年生にして自覚してしまう様とか「美」に囚われてしまったまま生きる様とか最後のギャラリーでのあれそれとか、心臓がキ゛ュ゛ってなる。

あと単純に加藤さんの容貌が美……ていうかパコった女とセクキャバで働く女がめっっっちゃえろかったんですけど…酒の飲み方が尋常じゃなく色っぽかった……あれはなに………しっとり儚げ美人………官能小説的な色気の漂わせ方…。

あと関西人なので「切なる世間の声が具現化した禍々しい女」で爆笑した。兵庫の尼崎からアーバンライナーで三重まで美少年観に行く女。具体性がすごい。あと「赤福の餡をうぐいす餡にして…」って急にタクシー関係なくなる大喜利(三重仕様?)。

 

たぶん意味のない深読みだけど兼役というか同じ役者がこの役とこの役をやっているのって意図あるのかしらとか。

帰ってきたひばりちゃんをひばりちゃんと認識できない担任教師と美少年の彫刻を見てもアートがわからん美大生と花房が持ってきた絵画を「わけのわからんモチーフ」とか言っちゃうギャラリーの代表が大村さんとか、

平成には珍しいタイプの熱血刑事とひばりと水タイムって毎回人を殴る加藤さんと、富士谷雪美と蛇ノ目悌と水タイムって毎回殴られる永島さんとか、粘着テープと結束バンドとか、

落ちたエリート諸星進とかつて美少年だった男とか、

下校のストーキングはするけど変態ではないのでトイレは覗かない勅使河原先生とトイレで待ち伏せする変態もといアーティスト蛇ノ目悌の対比とか。

雪美を「あのブス」、花房を「不細工転校生」呼ばわりする「かつて美少年だった(ことに人生を狂わされる)男」。

 

推しの顔を褒めがちなオタクは勅使河原先生が他人事でなくて複数回観るとウッ…てしんどくなる。

外見の美しさだけで推しているわけではないけれども、美しさ以外にもたとえばこの作品のこのキャラは好きだけどとか方向性の転換とか見る側が時間や経験を経たことにより推しが推しじゃなくなるなど、他人に好きを投げつけておいて勝手にいなくなるとか自分の願望や期待を他人に背負わせるとか自分の人生を過剰に押し付けて我がことをおろそかにするなどしがちなので…こう、狂気とか気持ち悪さを笑える立場にないのでは…っていう気持ちになったりならなかったり。

狂わせたのは誰で狂っているのは誰。

見ていたのは誰で見ていたのは何。

 

時間的にちょうど半分あたりで点在していた要素がギュルルルルって一つにまとまる展開すごすぎて観るたびに鳥肌立つ。30回くらい見てるのに。

あのBGMが無音になって照明もプレーンになって「何やってんだよ、安下陽羽里」っていう、あの瞬間の、緊張感、映像で見ていても明らかに空気が変わるあれ。

 

全然関係ないけど1月7日を繰り返す安下陽羽里、七草粥以外にもちゃんと食べてたかな…。昭和の監獄、ひばりの実家ではない場所っぽくて、どこ。勅使河原先生どうやってそこがひばりの家と認識させたっていうかそこに来るように仕込むの大変では。どのくらいのペースで監獄の中にいたのか。とか。野暮なこと考えちゃう。

 

台詞のスピードが信じられないくらい早いのに耳なじみの良さが異常だし物語の緩急がすごいしメタネタ多めだしゲラゲラ笑ってたら急に背筋冷たくなって瞳孔開いちゃってすべてが一つ所に収束していって綺麗に風呂敷を畳まれる。

あと通販したパンフレットがこれまたキャスト4人総当たりで対談とか各人の年表とか充実度がすごい。

 

公式サイトの劇団紹介、「『圧倒的なフィクション』を標榜し…」って書いてあるあたり、フィクションに救われフィクションを愛している私としては信頼しかしないので、機会を見つけて生で観劇したいですね。